サクラサイトや占いサイトなどの詐欺サイトによる被害の救済に特化した弁護士の団体です。


<更新情報>

2018.8.13 事例25事例26を追加しました。

2018.4.2 事例24を追加しました。

2018.4.2  デザインを変更しました。


弁護団写真
弁護団メンバー

 岡山出会い系等被害対策弁護団は、サクラサイト、占いサイト、金銭贈与を持ち掛ける内容等の詐欺サイトによる消費者被害の救済を目的として2011年9月に設立された弁護士の団体です。

 

 現在、岡山市に事務所を設ける山本勝敏弁護士を団長とし、倉敷市に事務所を設ける呉裕麻弁護士を事務局長として、ほか4名の弁護士とともにサクラサイト被害救済に向けて日々活動しています。

 

 活動開始以降、累計100件以上の相談を受けてきました。また、40件以上の事件を受任し、解決に至っています。

 

 このような相談、受任件数を見るだけでも、インターネットやスマートフォンの普及に伴い、いわゆるサクラサイトの被害が絶得ない状況がよく分かります。また、被害者は、男性に限らず広く女性にも及び、また、若者のみならず高齢者も被害に遭っているのが実情です。

詐欺サイトから本当に返金を受けられるのか

 サクラサイト、占いサイトなどの詐欺サイト被害に遭われた方の多くが、当弁護団に相談されると「弁護士に依頼して本当の被害金の返金を受けられるのか?」とご心配されます。

 

 サイト会社などから返金を受けられるかどうかは、どの程度の証拠が残っているか、サイト会社の運営状況がどうか、決済手段は何を使ったかなどの諸般の事情によりますが、何よりも当弁護団では、これまで詐欺サイト被害の救済を多数手掛けてきた実績やノウハウが蓄積されています。

 

 これらの実績やノウハウに基づき、被害回復のため最善の努力を尽くすため、ほとんどの案件では被害金の回収が実現しています。

 

 また、各地の消費生活センターとも綿密に連携をとっており、消費生活センター限りで解決できる事案は消費生活センターに対応してもらうなどもしており、被害者の方の精神的、金銭的負担の軽減に努めています。

 

 被害金が回収できるか否か、ご心配であれば、まずは当弁護団までご相談ください。

お問い合わせは


岡山出会い系等被害対策弁護団事務局

(岡山中庄架け橋法律事務所内)

電話 086-441-9937

メール お問い合わせフォームをご利用ください。